引っ越しの時の本処分

  • 転勤や就職、、進学のときに引越。
    かさばる本や書籍は??

  • スマホやパソコンから出張買取依頼!
    カンタン&ラクチン買取!

最新情報

  • NEW

    「インターネットで古本サイトから検索」を更新しました。

  •  

    運営者情報を掲載しました

コンテンツマップ

引っ越しの際の本の処分方法について

引っ越しの際の本の処分方法について

今回は引っ越しの際に出た不要になった本の処分方法について書こうと思います。
私は引っ越しの時に不要な本が出た場合は本の種類や状態を考慮して以下のように分けて処分しています。
まず、状態が良い一般の本や雑誌についてはブックオフに買い取ってもらうようにしています。
確かに二束三文で買い叩かれてしまうことにはなりますがなんだかんだでブックオフが店舗数も多くて便利なのでブックオフを使っていますね。

次に状態が悪い本や雑誌、週刊誌などのようなブックオフが買い取ってくれなさそうな書籍等については地元のゆめタウンにあるエコ・ステというリサイクル施設に出すようにしています。

エコ・ステとは古新聞・古雑誌を持ち込むと(それ以外にも空き缶やペットボトルも回収してくれます)重さごとに専用のポイントカードにポイントがついてそのポイントが一定量たまると商品券等に交換できるというリサイクルシステムです。できることならただ捨てるのではなく何かしらのポイントなり現金なりが返ってきたくれた方が嬉しいですよね。

リサイクルショップで本を買い取り

リサイクルショップで本を買い取り

子どもが成長していくにつれて、年齢対象外になる絵本は徐々に不要になっていきます。

絵本を捨ててしまうのはもったいないですが、保存状態が良ければそれを売って、また新しい人に活用してもらうことができます。 私の家の近所には子ども用品専門のリサイクルショップがあるのですが、そこでは絵本も取り扱っています。

買い取り金額は10~100円ぐらいの物が多いですが、捨ててしまうよりはお小遣い稼ぎにもなりますし、また新たな人が使ってくれると思うと嬉しい気持ちになります。リサイクルショップが近くにないという人は、オークションに対象年齢ごとにまとめて出品してみるのも良いかもしれません。子どもの為に本を買ってやりたい、でも定価で買うのは避けたいという人は多いと思います。

そういった人に需要があるので、本を売るというのは有効です。保存状態が悪くてぼろぼろになっている物は、リサイクルショップでは買い値がつきませんし、オークションでも難しいかもしれません。

引越のときにはまるごと本処分する君引越のときにはまるごと本処分する君
人生に引越はつきものですよね。その時にどうしても処分に困るのが読まない雑誌、飽きた文庫本、使わなくなった教科書などの書籍類です。引越っていうタイミングで、意外とかさばるその現実に向き合うことになります。

すべて良き書物を読むことは、過去の最もすぐれた人々と会話をかわすようなものである。

(デカルト)